幸せなネイリストストーリー

story幸せなネイリストストーリー

髙原 あゆみ
スペシャリストコース
髙原 あゆみさん(36歳)

大学卒業後、アパレルで社員。その後アメリカに留学、
留学先でネイルがお年寄りにまで浸透し、女性を輝かせている事に感銘を受け、
帰国後ネイルスクールを探す。

ネイルスクールtriciaを卒業後、スチューデントサロンで経験を積み、
ネイルサロンMaydelleに勤務。店長を経験。その後アパレルでの接客、指導及び留学経験も活かし、
社長、店長の右腕となり、企画、営業、経営企画、現場とサロンの全ての面で活躍中。

  • 22歳
    アパレルに就職

    外資系アパレル会社に勤務。外国の方が普通にいる環境。

  • 29歳
    アメリカに留学

    生活をリセットしようとアメリカに留学中、ネイルを楽しむお年寄りに出会う。ネイルに興味を持ち帰国。

  • 30歳
    ネイルスクールtriciaに入学

    親身な指導に感謝しつつ楽しくネイルを学ぶ。全く知らない事を1から学ぶ新鮮さに感激する日々。

  • 32歳
    現在のサロンMaydelleに就職

    お客さまの施術を現場でしっかりと出来る様にネイリストとして精進する毎日。

  • 36歳
    現在に至る

    店長を経て、様々な経験を生かし企画、営業、経営企画、現場を任されるポジションで邁進中。

INTERVIEW
  • なぜプロのネイリストになろうと思ったのですか?
  • 大学卒業後勤めた外資系のアパレル会社や私生活の悩みから生活をリセットしたくてアメリカに留学。そこで女性が年齢に関係なくネイルを楽しんでいる姿に感動しました。おばあちゃんが真っ赤なマニュキュアをしていたり...皆さんネイルを楽しんでおられました。その後日本でも祖母が80代でもお化粧やネイルしてもらい喜ぶ姿にもハッとした気付きがありました。女性を綺麗にする素晴らしい職業であるネイリストになろう思いました。
  • 実際に受講してみてどうでしたか?
  • 全く知識がなかったので『今日は3D?こんなんで立体的になるんだ』等、ケミカルな化学反応の世界が新鮮でした。スカルプチュアですら意味が分からなかったので。リキッドを筆に付けてパウダーで作って固まる。そういったことを一つ一つクリアにしていけたのが楽しかったです。先生方はとても丁寧な指導でこれらの事を教えてくださいました。
  • 今の仕事での楽しい事ややりがいは何ですか?
  • 企画、営業、経営企画、現場もやります。なんでも屋なんですよ。取引関係も打ち合わせもしたりネイリストとして接客もいたします。今までの様々な経験を活かせている事と同時に、母体が美容室であり、大きな可能性を秘めた今の会社で美容に関わる事を提供して行く事がとても楽しいです。ここに来てもらえればトータルにビューティー出来ますと言うサロンを目指しています。
  • これからスクールに入ってくる人へのメッセージ
  • 十人十色じゃないですけど、色々見てみる事が必要だと思います。自分が何を一番気になるかは人それぞれ違うと思うんですけど。気になるそれをそのスクールはどういう風に指導してくれるかっていうことを聞くことですね。一番自分が気になることをざっくりとじゃなくてきちんと見て下さい。意外に人は自分自身のことをわかっていないものです。自分が欲しいものを提供してくれるところを考えてから選ぶのがいいと思います。
    私はですね、美容の世界が初めてでネイル自体行ったことがなかったので、とにかく分かり易く教えてくれる先生陣という事で選びました。そうしたら後から知りましたが名だたる賞を取られている先生方だったのです。もうプラスの事しかありませんでした。私があまりに無知すぎたので一つ一つ丁寧に答えてくれるという事は大切なポイントでしたね。私は本当に先生方みんなが好きでした。
ストーリー一覧に戻る
トップページに戻る
triciaのネイルをピックアップ!
×

ネイルスクールtriciaの資料をダウンロードできます。

お名前必須
メールアドレス必須
今すぐ資料をダウンロード